ケイイチのシンプル生活

断捨離してシンプルライフ! 質素でも楽しい生活の追求ブログです。

野暮ったいけどPentaxが好きな理由

Pentaxは海外では"The Poor man's Leica"と言われるそうです。安いが性能は良いから。私が購入した理由も限られた予算の中で、どうしても欲しい機能はPentaxしか提供していなかったからです。 具体的には3点。


PENTAX KP Image Movie

1. グリップの前後に調節ダイヤルがあること。 この2つの調節ダイヤルはCanonNikonでは基本中級機からついてきますが、Pentaxだけは初級~中級機にもちゃんとついてます。

 

2. ファインダーにペンタプリズムが付いていること。一眼レフはレンズから入る光をガラスの立方体で屈折させ、画像をファインダーから覗くのですが、安い一眼レフはここにペンタプリズムではなく鏡などで代用してます。だから視野が少し狭くなってしまう。 これも中級機以上の持つ機能です。 とはいえ今はミラーレスの時代、いつかはこの機械的な機能はなくなるんでしょうけど...

 

3. 単焦点の交換レンズがかっこいいこと。 レンズのラインナップでPentaxを使う人も結構いるようですが、Pentaxにはリミテッドレンズという商品群があり、どれも小型でクラシカルな外観、性能もとても良いレンズがあります。 これを使いたかった。

 

基本カメラはCanonNikonとよく言われますし、YouTuberには動画に強いPanasonicが人気です。Sonyもミラーレス一眼でCanon,Nikonを脅かして急成長してます。 Olympus女子カメラの火付け役として、今も可愛いカメラ路線は健在。 FujiFilmはクラシカルで品質の良い写真を提供しおじさまに人気です。

で、Pentaxはというと動画は苦手、動く被写体も苦手、一眼レフにしては小さいが、それでもミラーレスに比べるとどでかい...などあまりいいとこないなー。

 

でもPentaxが好きです。何故って使って楽しいから。Pentaxのボディ自体は多分日本の一眼レフメーカーで一番分厚いかな。ここが意外と大切でPentaxの大きな強み。レンズの先端からセンサーまでの焦点距離(?)は同じタイプのセンサーならどれも同じですが、Pentaxはボディー部分を伸ばした分、レンズを小型化させてます。ボディは共用なので複数のレンズを持ち歩く場合、圧倒的にコンパクトになります。 かつ小さいレンズは安くできるし、手ブレにも強い。レンズ交換も気軽にできます。ポケットの中に交換レンズを入れ、さっと交換する...なんてPentaxしかできません。

 

Pentaxを使う人はこの手軽さを愛して止みません。でも家電量販店に行ってもこんな情報はないですし、YouTubeやネットを検索しても中々見つかりません。私の場合は"ソンナイ プロジェクト"というPodCastの番組を聞いてから一眼レフ購入したので、Pentaxに出会えましたが...

 

そんないプロジェクト

 

人気YouTuberの”光の魔術師 イルコ"さんは、カメラメーカーはあまり関係ない、どんなレンズでどう撮るかが大切と言ってます。 イルコさんの動画を見てると、新しい機材に飛びつく前に、自分にはもっと技術的に試すべきことあるよねと、諭されます。